TOPページへもどる
 



                       
作品テーマ 〜「生きると暮らす」〜
住宅庭園部門 大学生の部 最優秀賞  見 真由子
樹種の選択が癒しと感動を与えるようなデザインに思われます。
敷石、枯山水、築山と背景の美も感じ取れ、憩いの空間となるでしょう。
シンプルに季節の象徴する樹木を選択し、その季節に感動し生きる、そしてそこに暮らすデザイン
と思います。
デザインにもう少し注釈をつけて、表現をアップさせてはいかがでしょう。


作品テーマ 〜「育てる庭」〜
住宅庭園部門 大学生の部 優秀賞  田中舘 由唯
エリアの発想デザインが素晴らしいと思います。
家族で植物を育て、自然の空間を生かしたデザインはまさに育てる庭ですね。
樹種もエリア毎に選択され、各エリアで何が楽しめるか想像しそうなデザインです。
もう少し季節感の味わえる樹種、花の楽しめる樹種があっても良いと思います。


作品テーマ 〜大池のある庭〜
住宅庭園部門 高校生の部 最優秀賞  浅田 拓耶
大きな池の中心には中の島があり、橋を渡り鯉を眺めたり餌を与えたり、最高の空間ですね。
また、庭園灯を設け夜の池の空間も創造できます。
針葉樹も取り入れた和を創造させる植栽だと思われます。
ただ、植栽全体が常緑樹が多く、少々堅い感じがします。
大きな池なので、池に紅葉を映しだすモミジ等の配置があってもよかったと思います。
        

作品テーマ 〜家族の休日〜
住宅庭園部門 高校生の部 優秀賞  登美   麗
噴水、池、玄関までのアプローチ、外塀等外構のデザインが素晴らしいと思います。
この空間の中で家族そろって庭園の中で散歩、お茶を飲みながら団欒する様子が思い浮かびます。
石張り、ウッドデッキ、ベンチ、そして枕木の通路等洋風、和風を同等に感じらる空間を思わせます。
季節感を感じさせる植栽だと思いますが、低木・高木のH寸法とデザインの誤差がみられます。
もう少し樹木の特徴等を配慮して樹高を設計する事をお勧めします。


作品テーマ 〜「自然に囲まれる」〜
住宅庭園部門 高校生の部 優秀賞  今井 千稀
和洋折衷で景色を楽しめるデザイン性と、空間としての実用性を兼ね備えた、大変に趣の
ある庭園となっています。
池の曲線を中心とした、緑あふれる空間で、駐車スペースさえも景色の一部に取り入れた
遊び心が評価されます。
菜園スペースは、道路沿いではなく建物(キッチン付近)に付随したエリアにあると、更に
利便性や実用性が高いものになるかと思います。

作品テーマ 〜「季節ごとの庭〜緑と一緒に〜」〜
住宅庭園部門 高校生の部 優秀賞  繻エ 明香里
多様な樹種で、四季を感じることのできる見所満載のお庭に仕上がっています。
再考として、菜園スペースと駐車スペースの配置場所を、利便性や実用性といった観点で
見直されると、全く新しいものに変化すると思います。


作品テーマ 〜Circle park〜
公園部門 大学生の部 最優秀賞  中村   葵
円をメインテーマとして、配置する設備だけでなく様々な場所に曲線を用い、視覚的にも
ゆったりと優しく、訪れる人に温かみを感じさせるデザインです。
各所に配置されたアプローチや周回出来る園路はバリアフリーになっており、樹木の選
定においても四季を通じて楽しめるよう計画されているため、様々な世代の人に何度も
行ってみたい。と思わせるための工夫がなされているのも素晴らしいですね
       

作品テーマ 〜育てる公園〜
公園部門 大学生の部 優秀賞  黒川 早紀
ゾーンひとつひとつには、はっきりとしたコンセプトがあり、春先には満開の桜並木、夏には
池の畔で佇む事が出来、水浴び場も楽しめる、秋には果樹園でブドウとキウイの収穫等、
季節毎に様々な楽しみ方が選択できるのも魅力的です。
ゾーン同士も広い園路により繋がっており、公園利用を通じて地域との繋がりを深め、世代
を超えて心身ともに育ててゆく環境づくりまで考えられている作品です。


作品テーマ 〜季節と遊ぶ〜
公園部門 大学生の部 優秀賞  家田 早百合
公園設計のコンセプトとして、地域交流という主軸に沿った、大変よく考えられた優秀な作品です。
樹木についても、四季折々に見所のあるものを多様し、一年中楽しめるものとなっております。
エリア分けすることで利用者の目的を区分けし、安全性と快適性が確保されています。
中心となる芝生エリアが全利用者層の憩いの場となりますので、プラットホームとしての機能
(見通しやアクセスなど)と遊び心を加えると、更に面白いものになりそうです。


作品テーマ 〜夢の公園〜
公園部門 高校生の部 最優秀賞  松ア 莉々菜
ぱっと見のカラフルで可愛い印象だけでなく、ゆったりとした広めの園路、2つのステージ、
交流スペースなど、様々な年代、ライフスタイルに配慮された造りをしている作品です。
ただ、とてつもない大きさの遊具等があったりするので、その辺りも意識して設計すると更に
良くなると思います。


作品テーマ 〜誰もが楽しめる空間〜
公園部門 高校生の部 優秀賞  鈴木 桃々花
シンプルなデザインですが、全体的に広々とした空間造りは、老若男女どの世代でもゆったり
と楽しく居心地よく利用する事が出来るよう意識しているのが伺える作品です。
片面は全方位見渡す事が出来る点では保護者達に安心感はあるのですが、ベンチ等の休憩
施設が全く配置されていないので、落ち着いて見守る場所がないのではないかと思います。
その辺りも含めて設計すると良かったですね。


作品テーマ 〜自然、人々のオアシス〜
公園部門 高校生の部 優秀賞  三好  黎
自転車利用者を中心とした木々とふれあいながらも、周りに迷惑をかけてしまわないで、楽しむ
ことが出来るよう考えられているデザインです。
外周園路はサイクリングコースとなっており、一般道路とは区分けする事で安全面も考慮されて
おり安心して自転車を楽しむことができるでしょう。
ただ、園内に植えられている木々の種類や配置がはっきりしない為、その辺りも表記した方が判
り易いですね。


作品テーマ 〜超多目的公園〜
公園部門 高校生の部 優秀賞  山口  富士喜
エリアごとに目的をはっきりとさせた、シンプルにまとめられた作品です。
利便性と利用価値に重点を置き、「人が集まる場所をつくる」というコンセプトは素晴らしいので、
憩いの場としての遊び心や四季を楽しむといった、プラスαの付加価値にも注目していくと、
更に楽しいものになると思います。



COPYRIGHT(C)2003 Aichi Landscape Constructors ALL RIGHTSRESERVED.

造園デザインコンテストとは 審査結果