TOPページへもどる
 



                
作品テーマ 〜十人十色‘四季を通して育てる’〜
住宅庭園部門 大学生の部 最優秀賞  森下 果菜
 多様な樹種で、四季を感じることのできる見所満載のお庭に仕上がっています。
生活動線を重視した、シンプルで無理のない設計でありながら、各世代の実用
性にも着目された、大変優秀な作品です。


作品テーマ 〜「みどりの力」〜
住宅庭園部門 大学生の部 優秀賞  廣田 真也
 最近では、あまり見られなくなってきた水辺のある日本庭園の要素を取り入れた、
大変趣のあるデザインとなっています。
 常緑と落葉の配置バランスも、よく考えられておりますので、あとはテーマである
緑を引き立てる差し色となる植物を加えていくと、より鮮やかになっていくと思います。


作品テーマ 〜緑とつなぐつながり〜
住宅庭園部門 大学生の部 優秀賞  酒井 祐佳
 遊び心と、実用的な機能の両方がバランスよく折り込まれた、実現性の高い設計
となっています。
 ひと昔前の、見るだけの庭では現実味がなく、果樹や野菜を作るだけの畑でも趣が
ありません。
どちらの機能も兼ね備えた優秀な作品です。
 樹種の選出と配置を、季節や樹冠の大きさ、色合いなどを意識できるようになると、
更に良いものになると思います。


作品テーマ 〜家族が集まる庭〜
住宅庭園部門 高校生の部 最優秀賞  伊藤 寛太
 お子さんが小さい次期から老後までの時間経過に対応した、大変よく考えられた
優秀な作品です。
 庭をコミュニケーションの場とし、全ての年齢層が楽しめる空間を、無理なく配置
された設計なので、3世代が同時に集まることができるものになっています。
 ウッドデッキの中央に流れる水の空間を配置したのは大変面白い発想だと思います。
 植栽本数も多く、緑豊かで大変すばらしいので、もう少し樹種を多様し、四季の移
り変わりを感じられるようにすれば、更に楽しい空間になると思います。
        

作品テーマ 〜家族をつなぐ庭〜
住宅庭園部門 高校生の部 優秀賞  小泉 有佳里
 建築物の和洋にとらわれない、明るく楽しい作品です。
 アールの動線が程よく配置され、視覚的にも柔らかく、飽きのこないデザインと
なっておりますので、もう少し四季を意識した樹種の選択・配置を心がけるよう
にされると、更に楽しい空間になるかと思います。


作品テーマ 〜水の流れを楽しむ庭〜
住宅庭園部門 高校生の部 優秀賞  小川 楠七
 水の流れをテーマとした、視覚的に大変趣のある庭園となっています。
 池の曲線を中心とした、緑あふれる空間で、駐車スペースさえも景色の一部に
取り入れた遊び心が評価されます。
 あとは、高木・中木・低木のボリュームと配置(目隠しとしての機能など)という
実用性にも意識を向けていくと、更に良いものになっていくと思います。


作品テーマ 〜五感で自然との繋がりを感じる〜
公園部門 大学生の部 最優秀賞  榊原 花純
 全体的にゆったりとやわらかい雰囲気を持たせつつ、5つのテーマによって分け
られたゾーンによって、四季折々その場所へ赴けば、自然と五感が刺激されて
いくよう考えられ、幅広い世代のどんな方でも利用する事が出来るようバリアフ
リーなども考えられ誰もが心地よく過ごせるように配慮された作品です。
 ただ、芝生の傍らに和風の水琴窟が突然現れたようになってしまっているので、
そこは和風の物でなくても良かったのではないかなと思います。
       

作品テーマ 〜A Fine View Park〜
公園部門 大学生の部 優秀賞  奥田 健斗
 作品名の通り公園全体の眺めを臨むことが出来る見晴らし台を中心とし、そこよ
り放射状に伸びる特徴的な園路が形成され、通路ごとに選定された樹種が季節に
応じて花開き、園内を一周出来る幅広い園路はそれら全てを繋ぎ、利用する誰も
がゆったりと楽しめ、癒され休息をとれるよう考えられている作品です。
  ただ、噴水がいくつか設置されていますが、周りにベンチが少ないようなので、少
し増やすと噴水を楽しむ人が更にゆったりと出来るのではないでしょうか。


作品テーマ 〜ゆきつるはなふあ〜
公園部門 大学生の部 優秀賞  Frois Esthelle
 春夏秋冬の漢字を分解し、組換え直したと言う作品名をコンセプトに、様々
な種類の樹木を様々なパターンで配置する事によって、どの場所においても四季
を通じて季節ごとに見頃となる樹木を臨む事が出来るようになっており、その植
え方や組み合わせにより園内の風景にどう溶け込んでいるか、場所や見え方の
違いを楽しむ事を目的とした作品です。
 しかし、敷石のように一部境がはっきりしていない物があり、空間を埋める為に
乱雑にパーツを配置しているだけのようにも見える部分があるので、その辺りも
う少し丁寧に設計すると良いと思います。


作品テーマ 〜里山の自然を感じる〜
公園部門 高校生の部 最優秀賞  木村 詩菜乃
 テーマの通り公園全体を里山に見立て、幅広い年代の利用者へ公園全体で古き
良き自然風景を体感してもらおうとしながらも、四季を感じる事の出来るよう様々な
樹木が植えられ、子供向けにも色々な遊具等を配置し、田んぼや小川に見立て
た水路、各種施設の配置場所や設置数等、全体を通して細かい部分まで大変
良く考えられている作品です。
 ただ、遊歩道をバリアフリーとしているが、山とするには勾配が急になってしまい
そうなのが気がかりです。


作品テーマ 〜自然を感じる穏やかな公園〜
公園部門 高校生の部 優秀賞  古市 彩穂
 大きな噴水と、大きなモミの木、季節毎に雰囲気の変わる広場を中心とし、森の
ように植えられた緑を楽しむ事の出来る遊歩道、広い芝生広場、大きな池を配し、
自然豊かで訪れた人がゆったりと過ごすことが出来そうな作品です。
 公園全体的に見ると樹木は多い方ですが、池のほとりには樹木がほとんど植わっ
ておらず、少し寂しく感じるので、樹木を配すると更に良くなるのではないでしょうか。


作品テーマ 〜自然広がる防災公園〜
公園部門 高校生の部 優秀賞  舟橋 暁良
 近年、各地で大規模災害が起こり、防災意識が高まっている中、緊急時におけ
る公園の防災施設としての利用に注目しているだけでなく、自然豊かな公園とし、
芝生広場やスポーツ施設、多目的ホール等も配置され、日常利用の事も考えら
れた作品です。
 ただ、園内に配置されている樹木の種類等が示されておらず、配置も抽象的に
しか描かれていない為、どのような物がどのように植えられているかが判りません
ので、その辺りも明確にすると良くなるかと思います



COPYRIGHT(C)2003 Aichi Landscape Constructors ALL RIGHTSRESERVED.

造園デザインコンテストとは 審査結果