愛知県造園建設業協会~愛知の造園・庭園建設、庭木植木剪定、エクステリア、ガーデニングから緑化・緑づくり事業まで 緑化推進事業
緑化推進事業
- はじめに -
当協会は、日頃から植物を扱っておりますことから、地球温暖化・都市のヒートアイランド現象緩和の一助として大気汚染物質を吸収し、大気の浄化作用に役立つ樹木の大切さを広く県民にアピールするため愛知県内で植樹の寄贈を行い緑化推進事業に取組んでおります。 今年で5回目になりましたが、今回は稲沢支部が担当しましたので、ご報告します。
初、場所の設定に悩みましたが支部役員との協議の結果、昨年完成したばかりの新しい公園で弥富市の三ツ又池公園に決め、弥富市長にお会いして当協会の樹木の寄贈についてご説明をしたところ、是非お願いしたいとの返事を頂きました。 三ツ又池公園

シダレザクラ植栽作業

樹の場所は弥富市ですが、愛知県による建設の公園ですので県の海部建設農林水産事務所長や海部建設事務所長にもご挨拶に伺い、寄贈の趣旨を説明しました。 お二人共とても喜んでいただき、式典には是非出席したいとの事で、快く受けて頂きました。
シダレザクラ植栽作業
木は、弥富市の木が「サクラ」という事で、シダレザクラ(H=8.0m C=0.75m W4.0m) 1本・シダレザクラ(H=6.0m C=0.5m W3.0m)2本、新種のハンカチノキ(H=5.0m C=0.35m W2.0m)3本を、植栽場所も芝生広場で、一番見栄えのする場所を提供していただき植樹することが出来ました。 稲沢支部会員
  稲沢支部会員
サクラの植栽時期を考え、平成22年2月23日・24日に、稲沢支部会員総出で植栽作業を行いました。
作業終了後、全員で記念撮影をしましたが、支部会員全員が、大変いい笑顔を残すことが出来ました。
稲沢支部会員
寄贈式 贈式は、今年(平成22年)3月3日のひな祭りに、弥富市長、愛知県海部建設農林水産事務所長、愛知県海部建設事務所長を始め、総勢9名の来賓の方々にご出席いただき盛大に贈呈式を開催することができました。 当日は大変風の強い日になりましたが、関係者の皆様のご協力により無事に式典を終える事が出来ました。ご協力を頂きました皆様には、深く感謝を申し上げます。
左、岩間会長 右、服部弥富市長
シダレサクラも、皆様が「緑のたより」を見られる頃には、花は散っていて新緑の時期かもしれませんが、これから毎年綺麗な花を咲かせてくれる事でしょう。 芝生広場に植えられた満開のシダレザクラの下で、花見を楽しんでいただきたいと思います。 東名阪自動車道蟹江インター又は、伊勢湾岸自動車道弥富インターのどちからでも15分程度の場所、海南こどもの国へ向かう道路沿いに三ツ又池公園があります。是非お立ち寄りください。
---
---